2012年8月アーカイブ

ここまで、審査に落ちる理由や審査項目・方法についてお話してきましたが、クレジットカードを作る際は、自分の生活レベルに合ったクレジットカードを選んで、申し込むことが大切です。

いきなり、自分のレベルよりもランクの高いカードを申し込んでも、審査に落ちる可能性があります。また、カードの発行元によって審査基準は変わってきますので、その辺も考慮しながらカードを選ぶことも必要になります。

クレジットカードの発行元は、大きく分けると、銀行系、信販系、流通系、消費者金融系の4つに分けられます。審査基準が変わるということは、当然ながら、審査の難易度も変わってきます。

銀行系のクレジットカードは、他の発行元に比べて審査の難易度が最も高く、社会的なステータスが高いのが特長です。年齢、勤続年数などをはじめ、信販系・流通系のクレジットカードの実績が審査に大きく影響されます。

信販系のクレジットカードは、高価な買い物をする際のショッピングローンや車などを購入する際のオートローンを扱っている信販会社が発行するカードで、銀行系カードの次に審査の難易度が高いのが特徴です。

shinsakijyun01.jpg

流通系のクレジットカードは、エポスカードやセブンカードに代表されるように、 百貨店やスーパーなどが発行するクレジットカードです。近年では主婦やフリーターをはじめ、学生カードを作るなどして学生も積極的に取り込んでいくことで業績を拡大。銀行系や信販系と比べると審査の難易度は低くなります。

消費者金融系のクレジットカードは、審査の難易度がもっとも低く、俗にいう審査が甘いクレジットカードの代表でもあります。ただ、キャッシングがメインとなるのでショッピングの限度額は低く抑えられているのが特徴です。

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。