クレジットカード審査に落ちる理由

| コメント(0)
クレジットカードを申し込んだのに、カード会社がクレジットカードを発行してくれない・・・

どうして、クレジットカードが作れないの?って感じですよね。でも、クレジットカードは申し込んだからといって、誰にでもカードを発行してくれるわけではないんです。

それは何故かというと、カード会社は、クレジットカードが申し込まれてからまず始めに、申し込み者の信用情報を調べる、いわゆるクレジットカード審査を行います。

そして、その審査で問題がない人、要は信用ができる人にのみクレジットカードを発行しているからです。では、どうしてクレジットカードの審査に落ちるのか?これにはちゃんとした理由があるんです。

まず、収入があるのに審査に落ちる理由としては、2つの理由が考えられます。1つ目は、審査基準に届いていない場合です。これは、どういうことかというと、カード会社やカードの種類によって、審査項目が変わってくるからです。

shinsaochiru01.jpg

例えば、ランクが高いカードいわゆるゴールドカードやANAアメックスカードのようなステイタスが高いカードの場合は、必要な年収や年齢、職業をはじめとする制限があるからです。

そういったカードで審査に落ちた場合は、別のカードを申し込むようにしたほうがいいでしょう。流通系クレジットカード、消費者金融の発行するクレジットカードなど審査が甘めのカードを検討するといいと思います。

それらのカードでクレヒスを積んでから、あらためて1年後2年後にステイタスの高いカードを申し込むことをオススメします。そして、もう1つの理由が、ブラックリストに載っているなど信用情報に問題がある可能性です。

ブラックリストに載ってしまうと5年は情報が消えませんから、この場合はしばらく諦めるほかないでしょう。また、短期間に多数のカードに申し込み、審査落ちしてしまうと「申し込みブラック」という状態になってしまうこともあります。

短期間にカードを複数申し込むということは、お金に困っているのではと思われてしまうのです。申し込みブラックの場合、信用情報機関では半年ほどその「申し込んだ」「審査落ちした」という記録が残ってしまいます。半年間待って、今度は審査に通りやすいクレジットカードを選んで申し込むようにしましょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、academiaが2012年7月 9日 20:01に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「クレジットカードの審査項目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。